eラーニングを利用した社員研修はメリットが多い!?

eラーニングにはチェックテストを導入可能です

社員研修の制度が充実している会社では、プロジェクトの合間だけでなく、必要な周知事項をeラーニングを活用することで一斉に配信可能です。1箇所に集めて集団で行なう社員研修だけでなく、業務を行なう上で身に付けておいて欲しい項目については、eラーニングによって隙間時間を活用した研修が実施出来ます。eラーニングの最大のメリットは、学んだ後で理解度を確認するチェックテストを導入出来ることにあります。単に画面を先送りしただけでは、本当に理解したのか分からないので、チェックテストを導入していることが分かれば最初から社員の取り組み方が変わるでしょう。せっかく行なうのであれば、社員研修は有意義でなければ勿体無いわけです。

会社側で履修状況を管理出来ます

eラーニングを活用した社員研修は、個人別IDにより会社側で各社員が履修した状況を管理出来ます。所属や役職だけでなく、必要なキャリア形成のために各個人別に表示されるeラーニングの内容を変えることが可能です。ベテラン社員向けの研修と、新入社員向けの内容を変えることで、eラーニングによる社員研修効果が増すことになります。必要な研修を隙間時間を活用してeラーニングにより行えれば、社員が何もしていない時間を減らすことが可能です。会社にとっては、必ず周知したい事項に重要マークを付けることで、全国各地に広がる支店網を持っていたとしても、一斉かつ各社員を網羅した形で周知させることが可能となります。社内で一斉に対応が迫られる重要な事項を周知する際にも、eラーニングは活用されています。

社員研修は一般的なマナーなどを研修する際に、外部から専門の講師を招いて研修を行うことが増えています。