適性検査の対策は自己改革にもつながります

適性検査の結果内容を活用することです

学生の就職活動として、学校の就職課では適性検査を実施するところもあります。更に、その結果内容を本人にフィードバックして就職活動に活かそうとしています。初めて自分の性格を文章として読むので戸惑うのがあたりまえです。しかし、読んでみれば当たっているところも多いと内心感心もします。これで終わってしまえば、就職活動に活かすことができません。適性検査のフィードバックは、結果に基づいてどうしたらよいのかを就職担当者と話し合う必要があるのです。自分の性格に照らし合わせて、業種の選定に基づいて何社かの会社を選んだり、または会社は後回しにして、どのような仕事を選ぶ方が適しているのかを相談することです。大学であれば、心理学の教授に意見を聞いてみるのも良いでしょう。

適性検査の結果を基に自己改革

適性検査の結果は、自分の性格を客観的に把握するには良いチャンスです。普段は性格を気にもしませんが、検査結果を別の形で生かす方法もあります。例えば、性格が内向的であるため、営業や人を束ねる仕事には向いていないと判断してしまいます。こうなると、一生涯この考えから抜けることができません。20歳前後で生涯が決められてしまうのは忍びないと思えば、自分で自分を変える努力をすることです。性格検査の内容に思い当たる項目があり、本人も「これではダメだ」と思えば、その性格を変える努力をしてみましょう。自分のマイナスをバネにプラスに転換した人はたくさんおります。本人が望む方向に自己改革を起こしてみようと思えば人生は変わるもので、就職活動の幅は広がります。

適性検査は就職試験における第一の関門として多くの企業が導入しており、就職のためには必ず乗り越えなければならないハードルです。