ココに注意しよう!プライバシーを守るための心構え3選とは

個人情報の扱い方とその注意ポイント

プライバシーが侵害されたり、個人情報が特定される危険性はいたるところに存在します。特にインターネットが普及した今、一度流出した情報を後からすべて取り消すことはとても困難です。したがって、事前に対策することがとても重要になります。

まずは、インターネットを利用する際の個人情報に関するポイントです。ネットショッピングサイトなどを利用する場合、最初に個人情報を登録するよう求められることがあります。このような場合は、できる限り必要最低限以外の情報は登録しないように気をつけましょう。

SNSの間違った認識

続いてのポイントはSNSを利用する際のポイントです。SNSはついつい身内だけで繋がっている感覚になりがちですが、不特定多数の誰かが見ているかもしれません。したがって、閲覧制限を設定しないまま個人情報を公開するのは注意が必要ですよ。できるだけ閲覧制限を設定して、安心出来るメンバーだけに情報公開するようにしましょう。

他人のプライバシーにも注意する

3つ目のポイントは、自分以外のプライバシーに関するポイントです。近年、手軽に使える動画配信サイトが普及していますが、公共の場で故意に他人を撮影し続ける行為はしないようにしましょう。本人の許可があれば問題ありませんが、公共の場では不特定多数の方が映ってしまう可能性があります。動画撮影をする際は、のちのち問題に発展しないためにも周囲へのケアもしっかり行うことがポイントです。このようなポイントをしっかり把握した上で、インターネットやSNSを利用することが重要になります。

機密文書とは、会社の企業秘密に関する書類だったり、個人情報が記載された書類だったり、会社にとって秘密保持が必要な文書のことです。